so
東京の債務整理 相談(弁護士)は債務整理解決ナビ
chinese
0120-616-000(相談予約受付:平日9:00〜20:00) 東京の債務整理 相談「債務整理解決ナビ」
so
HOME 債務整理 弁護士費用 ご相談の手順 Q&A 事務所概要 お問合せ
top
債務整理
so
so
任意整理
so
自己破産
so
個人再生
so
弁護士費用と概要
so
手続きの流れ
so
過払金返還請求
so
so
so
so so
個人再生
so
個人再生とは・・・
so

個人再生手続きとは5000万円以下の(住宅ローンを除く)債務をもつあなたが将来継続的に収入を得る見込みがある場合に、裁判所に申立てて行う手続きです。

弁護士と共に作成した再生計画案について、裁判所の認可を受ける必要があります。

個人再生は再生計画に従って原則3年間(最長5年間)債権者に一定の返済をすれば、残りの債務の免除を受けられます。

so
個人再生 こんな方におすすめ so
so
●住宅ローンを除く債務額が5000万円以下の方
●将来的に収入を得る見込みがあり、完全に支払い不能ではない方
●債務整理はしたいが、住宅は手放したくない方
●計画的に返済していく意志のある方
●多重債務がある方
●浪費やギャンブルで作った借金がある方
so
so
個人再生の特長 住宅ローン特則
so

個人再生の最大の特長とも言える「住宅ローン特則」。
この特則によりマイホームを維持したまま、個人再生が可能です。

住宅ローンを支払中の債務者が利用できます。しかし、住宅ローンそのものの減額ではなく、住宅ローンの支払いを繰延べすることができる方法です。

so
個人再生 弁護士費用
so


※債務額・債権者数にかかわりなく破産・免責申立から免責決定まで。
※裁判費用+事務手数料として別途3万5000円ご負担頂きます。
※再生委員の報酬として別途15〜20万円必要になる場合があります。

お支払いは分割も可能です。ご相談ください。
詳しい個人再生の手続きの流れはこちらをご覧ください。

so
個人再生 メリット・デメリット
soso
個人再生のメリット
so
so ・再生計画通りに3〜5年間、一定の返済をすれば、債務が免除されます。
・住宅ローン特則の利用により、住宅などの資産をを手放さずに済みます。
・ギャンブルなどで作った借金でも手続きを利用できます。
・パートやアルバイトの方でも利用できる場合があります。
・資格制限がなく、特定の資格や仕事を継続することが可能です。
so
個人再生のデメリット
so
so ・住宅ローンを除いた債務が5000万円以下である必要があります。
・信用情報機関(ブラックリスト)に5〜7年間登録されるため、
 クレジットカードやローンが組めなくなります。
・返済の見込みを示す継続安定収入が必要となります。
so
so
プライバシーポリシー  サイトマップ  NYリーガルパートナーズコーポレートサイト
so
so
so お問合せ so
so
footer